bikeloanmoshikomi

原付購入した時のバイク登録には住民票が必要

最近はいろんなスクーターが出ているので、一台欲しいという人もいることでしょう。

スクーターがあれば、通勤や買い物に使えるのでとても便利です。原付購入する場合は、販売店に出向き購入する人もいますが、中には通販サービスで購入する人もいます。通販サービスならば欲しいスクーターなどが、自宅にいながら探すことができるので便利です。

原付購入をすると、バイク登録をするために住民票や印鑑などが必要になるので用意してください。

どうしても現金で一括払いできない場合は、バイクローンを組む方法があります。バイクローンは販売店で勧めるものと、自分で金融機関のバイクローンを探すものがあります。それぞれにメリットデメリットがあるので、自分のニーズにあわせて選ぶといいでしょう。

販売店が勧めるバイクローンは、面倒な手続きもすべて販売店の人がおこなってくれるので便利です。

年収が少ないアルバイトやパートでも比較的審査に通りやすいです。ただし金利が高いので、高額なバイクだと返済が苦しくなります。

金融機関のバイクローンは金利が低いので、高額なバイクでも返済はしやすくなります。しかし、金利が低い分審査も厳しくなので気をつけてください。

原付購入の時に気をつけること

スクーターが欲しい場合は、最近は通販を利用して購入する人もいます。通販などで安く原付購入をした場合でも、高い金利のバイクローンを利用すると、長い返済を続けていると結局返済額が高額になってしまいます。

少しでも金利が低いバイクローンを探すなら、販売店が勧めるものではなく、自分で金融機関を比較して探すといいでしょう。金利が低い金融機関は、審査も厳しい傾向があります。

いくら継続的な収入があっても、アルバイトやパートでは審査に通りにくくなります。

正社員でも年収や勤続年数を厳しく調べられるので、1年以上勤務していない人は審査に通るのが難しくなります。できれば1年以上勤務してから申し込むようにしましょう。他社からの借入があるのにごまかして申請する人もいますが、個人信用情報機関に履歴が残っているので嘘をついていることがバレてしまいます。

嘘をついていることがわかると、信用できない人と思われ、ますます審査に通るのが難しくなります。

申込み用紙に誤字脱字があるだけでも、嘘をついていると思われるので必ず見直しましょう。

原付購入と同時にバイク登録をしなければいけませんが、その時に住民票と印鑑が必要になるので必ず用意しておきましょう。

販売店のバイクローンについて

新品のスクーターは欲しいけど、高いので中古で原付購入する人もいます。確かに中古は安いですが、故障しやすいので修理費や部品代も必要になります。

中古は通販サイトでも沢山扱っているので人気がありますが、中古で原付購入する場合は、保証がしっかりついているものを購入しましょう。

原付購入と同時にバイク登録もするので、住民票を取り寄せておく必要があります。

販売店で原付購入した場合は、いろんな手続きを販売店の人がしてくれるので助かります。バイクローンを組む場合も、販売店で手続きする場合はとても簡単です。

ただし販売店のローンは、完済するまでバイクの名義は販売店のものになるので、途中で友達に売ることはできません。途中で誰かに売るつもりで原付購入するなら、金融機関で扱うバイクローンに申込むといいでしょう。

バイクは自分名義になるので、途中で売ることもできます。どうしても急いで原付購入をしたいなら、審査が早い消費者金融などのキャッシングに申込むといいでしょう。

早ければその日のうちに審査結果がでて、即日キャッシングもできます。ただし消費者金融のキャッシングは、金利がかなり高いので高額な借り入れはしない方がいいでしょう。

主婦でもローンを組む方法

欲しいスクーターがあっても高額だと、なかなか買うことができないという人もいます。特に主婦の方は、旦那さんの給料でやりくりをしているので、自由に使えるお金がないので、スクーター購入も難しいです。

バイクローンを組む方法もありますが、主婦の場合は審査に通るのが難しいです。販売店のローンを利用する方法もありますが、バイクの名義は自分のものにならないので途中で売ることができないというデメリットもあります。キャッシングなら主婦でも借入ができる所が多いです。

ただし、アルバイトやパートで収入があることが条件になります。キャッシングに申込めば、誰でも借入ができるわけではなく、審査に通る必要があります。

審査は返済能力をみるので、今までに返済遅延が多いと審査に通りにくくなります。

自分はキャッシングやクレジットカードの返済遅延はないからと、安心している人もいますが、携帯電話や通販の返済遅延があるだけでも審査に通りにくくなるので、注意が必要です。

審査をスムーズにおこなうためには、必要な書類を揃えることが大事です。本人確認書類と今住んでいる住所が違う場合は、住民票などの現住所がわかる書類を用意しなければいけません。